プロペシア ミノキシジル

この記事は約3分で読めます。

プロペシアはミノキシジルと併用することで効果が上がる

AGAは、初期であれば薬で良い改善が得られることが知られていますが、プロペシアは特に有名な存在です。そして、プロペシアは、単体で飲むよりもミノキシジルと併用することで、AGA改善効果がアップすると言われています。

これから治療を検討しているという人も、まずはその理由について知っておきましょう。まず、プロペシアは、薄毛の原因となる強力な男性ホルモンであるジヒドロテストロンの発生を抑えるのです。飲み続けることで、乱れたヘアサイクルも正常に戻します。

薄毛になる原因は男性ホルモンによる影響だけではなく、血行不良もあげられます。血行が悪くなると毛根に髪の成長に役立つ栄養素が十分届かなくなり、薄毛の原因となります。早い改善を得るためには、毛根にしっかりと栄養を届ける対策が必要です。そこで役立つのがAGA治療薬として有名なミノキシジルが挙げられます。

ミノキシジルは、元々高血圧の治療に使われていた薬です。血管を拡張し毛根に栄養をしっかりと届けることができ毛乳頭細胞を活性化させると言われています。プロペシアは飲むタイプの薬ですが、こちらは直接頭皮につけることで発毛を促すタイプの薬です。

ミノキシジルは毛乳頭細胞を活性化させることで発毛を促す

ミノキシジルはどんな薬であるのか、実際に利用する前には詳しく知っておきたいところです。

ミノキシジルは、使っていた人が毛が増える効果が得られたことから、育毛剤としても使用されるようになりました。

髪の成長のためには、毛根にしっかりと栄養を届ける必要があります。しかし、血行が悪い場合は十分に届けることができません。そこで、ミノキシジルの血管拡張効果を利用し血行改善効果を利用し、毛根にしっかりと栄養素を運ぶのです。

髪の成長には、成長因子の働きも欠かすことができません。薄毛が進行している人は、その働きも悪くなってしまっていることも少なくありません。

元気な髪を育てるためには、成長因子であるVEGFとFGF-7がしっかりと生成されていることも大切です。また、血行改善に役立つミノキシジルを利用することで毛乳頭細胞も活性化され、成長因子の生成促進も期待できます。

プロペシアで乱れたヘアサイクルを整え、ミノキシジルで、毛乳頭細胞を活性化させることで、AGAを改善させるのです。

プロペシアと併用すべきミノキシジルはミノキシジルローション

ミノキシジルを含む薬としてはミノタブと呼ばれる薬も存在します。これは直接頭皮につける薬ではなく、飲むタイプの薬で、高い効果が得られるのです。

体内で直接作用しますので、吸収率も高くそれゆえに高い改善が得られます。とはいえ、こうした薬を続けることはリスクがあることも知っておく必要です。

もともとミノタブは、高血圧の改善薬に使われている薬です。血圧が正常の人や、低めの人が使い続けると、低血圧や動悸などの症状が出ます。

さらに、頭皮にだけではなく、全身に作用します。髪だけではなく、体毛が濃くなるのです。このほかにはむくみや初期脱毛の症状が出る可能性もあります。さらに併用禁忌薬もありますので、何等かの薬を飲んでいる人も注意が必要です。


臨床試験でもミノタブは高い効果が認められています。しかし、安全に使い続けるのであれば、直接頭皮につけるタイプの薬がおすすめです。薬局でもリアップの名前で育毛剤として販売されており、海外医薬品でもロゲインやポラリスという名前で販売されています。

基本的にはローションタイプですが、フォームタイプやクリームタイプも販売されていますので、使いやすいタイプを選びましょう。