海外からプロペシアを個人輸入する方法

プロペシア
この記事は約3分で読めます。

プロペシアを海外から通販する方法

プロペシアは、処方薬であるため、通常は医療機関で診察を受けて処方してもらう必要があります。通販でも購入できますが、国内の大手通販サイトなどでは処方薬を扱うのは、違法になるので販売されていません。

しかし、個人で使用する範囲に限定して輸入で海外から購入するのは合法になります。この場合、自分で海外の販売店を探して注文するのは言語の壁や安全性などの問題点があります。正規品を購入できない場合もあるので利用は難しく、個人輸入代行サイトを用いて取り寄せるのが一般的です。

日本語で説明が記載されているので、通販と同じような感覚で利用できるので便利です。取り扱っている個人輸入代行サイトは、インターネットでプロペシアを検索すれば見つけられます。

注文方法に関しては各サイトで違いがあるので説明を確認する必要があります。対応している支払い方法もクレジットカードや銀行振り込み、代金引換など様々です。なお、注文する際に配送先を指定しますが、自宅か対応している場合には郵便局留めにするのが無難です。

個人での範囲で認められるものであり、会社の事務所を指定すると税関で止められる恐れがあるので注意しましょう。

個人輸入のメリットとデメリット

プロペシアを個人輸入する場合にはメリットとデメリットがあります。理解した上で利用する必要があるのです。海外から購入するときには、国内で買うより安いです。医療機関で診察を受ける費用も不要になるので負担が減ります。

また、処方では医師の判断で分量が決められますが、個人輸入ならまとめ買いも可能なことなどがメリットです。ただし、分量が多過ぎると個人輸入と判断されずに税関で止められる恐れがあるので、多くても3か月分に留めます。

デメリットになるのが、自己責任で購入することになるので副作用被害救済制度の対象にならないことです。個人輸入で正規品を購入できた場合でも、それで副作用が起きても一切補償はされません。購入する際に医師の診察を受ける必要がありませんが、これは薬の使い方を理解していない状態になります。

プロペシアは副作用があるため、処方箋が必要です。医師の判断を聞かずに利用すれば副作用が出る危険性は高くなるので注意しましょう。

病院処方の場合は即日でも購入できます。しかし、個人輸入は注文から届くまでに1週間から10日程度はかかるので、手持ちがなくなってからでは間に合わないこともデメリットです。

プロペシアを通販できるおすすめサイト

プロペシアを取り扱っている個人輸入代行サイトは、いざ調べてみるとたくさんあることが分かると思います。

なかでも大手の通販サイトを利用するのが安心です。ここでは、あんしん通販マート、オオサカ堂、お薬ナビ、お薬ラボなどの大手海外通販サイトを紹介します。

あんしん通販はポイントサービスがあるのが特徴であり、値段は1箱7980円で、7箱セット46358円で購入可能です。オオサカ堂は個人輸入代行サイトの中でも歴史が長く定評があるので安心できるサイトです。値段は1箱4358円で3箱では12627円で最も安くなっています。購入額によって会員のグレードが上がり、還元されるポイントが増えます。

お薬ナビでは、1箱で5600円、3箱で15120円です。プライバシーを重視した配送が特徴になるので誰にも知られずに利用したい人に適しています。お薬ラボは1箱で5600円、3箱で15120円です。申し込みの確認ができたら即日配送できるので、急いでプロペシアを入手したい人におすすめです。

このように値段には各サイトで差がありますが、いずれも扱われているのは正規品になるので心配はありません。値段面ではオオサカ堂が最も安くなっていますが、キャンペーンなどで変わることがあるので、利用前に比較すると良いでしょう。