プロペシア ジェネリック

この記事は約3分で読めます。

プロペシアのジェネリック医薬品・フィンペシアについて解説

プロペシアのジェネリック医薬品として有名なのがフィンペシアです。有効成分であるフィナステリドが同量の1錠当たり1mg含有されています。

フィンペシアを製造している会社は、インドのシプラ社です。厳密に言えばプロペシアの特許が有効な間に製造されているものなので、コピー薬の位置付けになります。

しかし、有効成分も含有量も同じであることから同じ効果があります。また、先発医薬品ではないので、価格が抑えられえることからAGAの治療に用いる人が多いです。

無許可で製造していると言っても、基本的にフィンペシアの品質自体に問題があるわけではなく、プロペシアと同じです。

フィンペシアは通販でしか入手できないので、医師に診察は不要となっています。

なお、前述のようにコピー薬なのでフィンペシアは、日本では未承認薬にです。正規ルートの購入方法が存在していません。

個人輸入だけでなく、クリニックの処方であってもシプラ社が製造した正規品ではないものが見つかったこともある点には注意が必要です。

なお、フィンペシアには、キノリンイエローが添加されているものがあります。しかし、日本では有害という風評が広がっているので日本向けのものには含まれていません。

プロペシアのジェネリック医薬品・ファイザーについて解説

プロペシアのジェネリック医薬品として有名なものにフィナステリド錠(ファイザー)があります。

これは日本の厚生労働省からも承認を受けていることが大きな特徴です。2015年の4月にフィナステリドの含有量が0.2mg、1mgの2種類が発売されました。

ファイザー株式会社は、2012年8月にマイラン製薬株式会社からジェネリックに関して独占的に長期的な業務提携を締結しました。それにより、プロペシアの特許が有効な間でも正式に製造・販売が可能なのです。

国内で承認を受けているので、他のジェネリックと称される薬と比べて安全性が高いです。正規の購入ルートが存在しており、箱の文字も偽造防止の対策がされているので、粗悪品を手にする心配も低くなっています。

国内で製造されているので、パッケージの説明書きなども日本語で記載されています。また、飲み間違いが起きないように様々な工夫がされているのです。

フィナステリドの含有量が2種類あります。これも間違いが起きないようにマークが付いているので安心です。

プロペシアよりも価格は安くなっているので、長期的な使用が必要になっても費用の負担を抑えられ、続けやすくなっています。

プロペシアのジェネリック医薬品・エフペシアについて解説

プロペシアのジェネリック医薬品として有名なものにエフペシアがあります。エフペシアの製薬会社はフィンペシアと同じインドのシプラ社であり、同様にプロペシアのコピー薬です。

こちらは以前からキノリンイエローを添加していないことが特徴の薬です。キノリンイエローは、日本では発がん性があるので危険と言われていた成分です。実際には国内でも薬に添加することが認められている成分であり、薬での摂取量では人体に影響がありません。

有効成分に関しては、プロペシアと同じでフィナステリドが1mg含有されています。期待できる効能や使用方法なども同じでAGAの治療のために使用されているのです。

エフペシアもコピー薬なので国内では未承認の薬になり、正規の購入ルートが存在していません。

インドのシプラ社が製造している薬は、様々な国で利用されている実績もあり、正規品であれば効果・安全性はプロペシアと変わりません。

そのため、海外通販を利用する際は、信頼できるところを選ぶことが重要です。