プロペシアの効果・AGAを改善

プロペシア
この記事は約3分で読めます。

プロペシアの効果はジヒドロテストステロンの生成抑制

プロペシアは、男性型脱毛症の原因と言われるジヒドロテストステロンの働きを抑えることに効果があるのです。

男性ホルモンの働きによって生え際や頭頂部の脱毛が促進され、AGAを発症してしまうと言われています。そこで、プロペシアを服用することにより、薄毛が進行しやすい生え際などの部分の発毛を促進させられるのです。正常な状態の場合、毛母細胞の働きが活性化されている状態です。髪が発毛し、正常な毛周期を経て抜け落ちたり発毛したりを繰り返すことができます。

しかし、AGAの症状がある場合には、ジヒドロテストステロンの働きを阻害するホルモンにより、脱毛や薄毛が促進するのです。

そこで、プロペシアを服用することにより、ジヒドロテストステロンの働きを抑制することができ、正常なヘアサイクルを取り戻します。発毛の促進や毛母細胞の働きを正常化することで、脱毛が抑制され、薄毛の進行が止まるのです。
ただし、プロペシアには即効性がないので、3か月から半年は服用を続ける必要があります。プロペシアの継続的な服用により、頭頂部の発毛を確認できるようになるのです。

プロペシアは前頭部の薄毛には効きにくい

男性型脱毛症の症状は、テストステロンと5αリダクターゼが結合することで生まれるジヒドロテストステロンによって、もたらされます。プロペシアは、ジヒドロテストステロンの発生を抑制することで、脱毛を抑制することができるのです。
しかし、プロペシアは万能ではありません。その1つが、前頭部の薄毛には、効き目が弱いのです。

生え際や前髪には効果が薄く、頭頂部の薄毛には効果が期待できます。その理由は、プロペシアが2型5αリダクターゼとテストステロンとの結合のみを阻害するからです。

プロペシアには、脱毛を抑制する効果はあります。実際には発毛を促進させる効果は確認されておらず、その働きは別の薬であるミノキシジルの併用が必要不可欠です。
しかし、プロペシアの継続的な服用により、髪の脱毛を抑制して成長を促す効果を期待できます。
服用後3か月から半年が経過する頃には、頭頂部などに髪の増量が確認できます。プロペシアには弱点もありますが、AGAには効果のある薬です。

前頭部を治したい人はプロペシアとミノキシジルローションを併用する

前頭葉の薄毛を治療したいと考えている方には、プロペシアだけでは不十分であり、ミノキシジルの併用が不可欠です。

なぜならば、プロペシアには、強力な脱毛ホルモンと言われるジヒドロテストステロンの発声を抑制することで脱毛を改善します。正常なヘアサイクルを取り戻す働きは期待できるものの、発毛を促進することはできない薬だからです。

そこで、ミノキシジルでは、成長因子を活性化させ、髪の毛を作り出す場所である毛母細胞の活性化を促せます。また、血行を促進することで、頭皮の状態を改善し、髪の毛の発毛を促す働きを期待できるのです。

髪の毛の正常な育毛においては、発毛を促すための頭皮の状態を整えることが必要になります。
したがって、プロペシアとミノキシジルを併用することにより、脱毛を改善して髪が育ちやすい環境を整える効果を期待することができるのです。

前者のみで効果が感じられない場合は、医師と相談した上でどちらも併用して服用しましょう。なお、ミノキシジルは、外用薬が処方されています。

外用薬は生え際に塗ることにより、髪の育毛を促進する効果が期待できるとされているのです。