プロペシア 購入

この記事は約3分で読めます。

プロペシアはアマゾンや楽天などの通販で買えない

プロペシアは、AGAに有効な治療薬として世界中で使われています。そのような薬なら使いたいと思う方も多いでしょう。しかし、プロペシアは処方薬といって、医師の処方箋がなければ手に入れることができません。

そのため、Amazonや楽天のような通販でも買うことができないのが大きな特徴です。では薬局やドラッグストアでは買えるのではないかと思う人もいますが、市販されていないのでこちらでも買うことができません。

日本国内では市販されていないので、店頭に並んでいないというのが実情です。薬剤師がいる薬局などでも欲しいからとお願いしても買えないことを覚えておきましょう。通販で買えば良いと考える人も多いですが、Amazonなどでは取り扱っていないので買うことはできません。

市販されていないのでればどうやって買えば良いのかと悩んでしまうでしょうが、きちんとした購入手順を踏めば買うことはできます。ただ、ドラッグストアなどの身近な場所では扱っていないということです。それを知らずに、何軒もお店を探しているという人もいるので注意しましょう。

プロペシアは病院で買える

ドラッグストアや薬局では買うことができないプロペシアですが、皮膚科やAGA治療クリニックであれば処方することができます。プロペシアは保険診療ではなく、自費の扱いになるのですべての病院で取り扱っているわけではありませんので、事前に聞いておくのが安心です。

AGA治療クリニックでは、問題ないことがほとんどです。皮膚科の場合は保険診療をメインにしているところも多いので、直接電話をして聞いておきましょう。
AGA治療クリニックでも受診したときに飲んでいた薬や、持病などによっては処方できないことがあります。問診には正直に答えて、安全に薬を処方してもらうことが大切です。

また、保険診療は国によって点数が決まっているので費用は同じです。自費の場合はクリニックが独自に料金を決めることができるので、費用に差が出ることがあります。

安い方が良いというのが消費者の心理ですが、事前の診察などで安全を確かめてもらう意味や、その他の治療と組み合わせることで可能です。プロペシアは、1度飲めばすぐに毛が生えてくるというものではなく、継続することが大切です。職場や自宅の近くなど通いやすいところにあるクリニックが良いでしょう。

プロペシアは海外通販でも購入できる

プロペシアは、欲しいけれども、病院に行くのは面倒だと考える人におすすめなのが個人輸入です。国内でプロペシアを買うためには医師の処方箋が必要ですが、海外から、個人が直接購入するのであれば問題ありません。

難しいように感じますが、最近では日本語で対応しているサイトも多くなり、通販のような感覚で購入できるようになりました。

医療機関から購入するより費用も安くなり、自宅から注文できるので、忙しい中で、病院に行く手間や時間も不要です。ただ、海外から送られてくるので、注文から手元に届くまでには1週間以上かかってしまうこともあります。

病院の場合は受診すればすぐ手に入りますので、時間がかかるということを覚えておきましょう。費用はクリニックにより1カ月あたり10,000円から30,000円ほどかかりますが、海外に頼めば6,000円ほどで済むこともあります。

プロペシアは継続して飲み続ける薬なので、続けやすい費用です。
最低でも半年は続けなければいけないと言われているので、服用する期間が長くなればなるほど、金額の差が出ることが分かります。毎日飲む薬だからこそ、手軽に飲める金額であることが大切です。