普段の生活習慣で何気なくやっている事が不眠に繋がっている事があります。寝る前にやるべきことや、やってはいけないことをまとめてみました。

  • ホーム
  • 睡眠できてもトイレに起きてしまう頻尿

睡眠できてもトイレに起きてしまう頻尿

就寝中に1回以上排尿のためにトイレに行くことを夜間頻尿と言います。
この場合、トイレに行く回数が多くなると眠れない可能性が出て来て日常の生活にも悪い影響が生じやすくなるので、早めに解消することが大切になってきます。

夜間頻尿になるのは40代以降が多いと言われていますが、それには抗利尿ホルモンが関係することが多いとされています。
就寝中は、腎臓に働きかけて尿の分泌を減少させる抗利尿ホルモンによって尿の量が減ることになりますが、加齢によってこのホルモンの分泌が不十分になり、そのために尿が多く作られると考えられます。

さらに眠った後に頻尿が起きるというのは、膀胱のスペースが減少していたり尿道に感染症があったりして、病院での治療が必要となる場合もあります。
ですから、気になる場合は早めに病院を受診した方が良いでしょう。

また、睡眠中にトイレに起きるようになることが続く場合には、寝るときにまたトイレに行くことになるのかと考え出して不安や緊張感が生じることになり、それによって眠れない状態になる可能性が出てきます。
このような悪循環を防ぐためには、原因をきちんと調べてそれに合った治療法を行うと同時に、自分自身も生活リズムを改善したり、眠るときの環境を良くして熟睡しやすくすると良いでしょう。

また、睡眠中の排尿についてはトイレに行ってもあまり気にしない人がいると同時に、1回だけでも非常に気になったり体調に不安が生じる場合があります。
ですから、夜間頻尿ではトイレに行く回数や尿の量に関わらず、特に少しでも気になる場合は原因を調べたり、病院の担当医に不安を話して相談するようしてみることをお勧めします。

特に頻尿は様々な原因が考えられるので、それらをしっかりと確認した上で自分に適した解消法を見つけることが必要になってきます。
そして、それが分かれば薬などを一切使わずに生活面での改善だけですむこともあるので、頻尿の治療実績があるような病院を受診してみると良いでしょう。

頻尿の原因を考えてみよう

頻尿の原因としては加齢によるものだけでなく、さまざまな病気も挙げられます。
例えば膀胱炎になると尿路感染が生じて膀胱の神経が刺激され尿が出やすくなります。
また、糖尿病の場合は血糖値が高くなるので、体が血糖を排出しようとして頻尿が起こります。

さらに心不全などで心臓の機能が弱っている場合は、血液循環が上手く行われず、下半身に血液が溜まるような状態になってしまいます。
そして、このようなときに横になって眠ると下半身の血液が心臓に戻り、これを水分として処理しようとするために頻尿となります。

この他の原因としては、膀胱が非常に収縮してしまい尿を十分に溜められなくなる過活動膀胱や、尿路が圧迫されて膀胱が収縮してしまう前立腺肥大症などの病気もあります。
さらに、睡眠時無呼吸症候群では睡眠中に交感神経が緊張する形となり、このために血液量を増加させるホルモンの分泌が促され、腎臓の血液ろ過量が増えることで頻尿になると考えられます。

以上のように頻尿の原因にはいろいろな病気が挙げられますが、それ以外の原因としては水分や塩分の撮り過ぎなどがあります。
また、コーヒーなどに含まれているカフェインには利尿作用があるので、寝る前にこのような飲料を飲むと頻尿になりやすいと言えます。
さらに就寝前のアルコールの摂取は尿の分泌を減らすホルモンを抑制することになるので、これも頻尿につながりやすいと考えられます。

以上のように頻尿の場合にはいろいろな原因があり、それぞれの場合で解消法が違ってきますし、薬なしの対策が可能なことも多いと言えます。
ですから、自分の場合の頻尿の状態と原因について早めに確かめることをお勧めします。
そして、その場合は病院の受診と同時に、頻尿の体験談なども読むようにして自分の場合と比較してみると参考になるでしょう。

最近の投稿
サイト内検索