普段の生活習慣で何気なくやっている事が不眠に繋がっている事があります。寝る前にやるべきことや、やってはいけないことをまとめてみました。

  • ホーム
  • 不眠のタイプは数種類ある

不眠のタイプは数種類ある

疲れた女性

不眠と一口に言っても、いくつかのタイプに分けることが出来ます。
不眠のタイプとしてあげられるのは、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害の4つがあります。
1つだけに該当していることもあれば、複数のタイプである可能性もあります。
不眠に悩まされているのであれば、自分がどの不眠のタイプに属しているのかをセルフチェックしてみると良いでしょう。

なお、不眠のタイプとして最も多いのが、中途覚醒と呼ばれるものです。
これは、夜中に何度も目が覚めてしまうというもので、一度起きるとその後は寝付くことが出来なくなるという特徴があります。
中高年層で特に多いタイプでもあります。

また、高齢者に多く見られるのが、早朝覚醒です。
朝、起きることを予定している時間よりも2時間以上前に目が覚めてしまうというもので、中途覚醒同様に目覚めた後眠ることが出来ないことがほとんどです。

入眠覚醒は、寝るために横になっても、なかなか寝付くことが出来ないという特徴があり、寝付くまでに1時間以上を要する場合もあります。
精神的な問題や不安・緊張感を感じている時に起こりやすい傾向にあります。
なお、十分な睡眠をとることが出来ているのに、眠気を感じる・熟眠感を得ることが出来ないという場合には、熟眠障害が疑われます。
熟眠障害については、他の不眠のタイプを伴っている場合も少なくはありません。

不眠という明らかな自覚症状がない場合でも、日中に強い眠気を感じる、集中することが出来ない、だるさを感じるなどの症状が見られる場合には、気が付かないうちに不眠になっている可能性があります。
ある調査によると、日本人の3人に1人は何らかの不眠の症状を感じているという結果が出ています。

不眠は適切な対処・治療をすることで、改善することが出来るものですが、早期解決には早期対応が重要になります。
自身の心身に異変を感じた場合には、セルフチェックをするとともに、医療機関に相談をすることも大切です。

自律神経失調症とは?

慢性的に疲れやだるさを感じる・不眠・耳鳴り・うつ症状・感情の起伏が激しいなどの症状が見られる場合には、自律神経失調症である可能性があります。
自律神経失調症の症状は一人ひとり異なりますが、自律神経が乱れることで、様々な症状が見られるようになるものです。

自律神経失調症にもいくつかのタイプがあり、子供の頃から元々持っている体質によるもの・心理的な影響が強く影響しているもの・日々の生活が影響しているもの・症状が進行し他の病気も関連しているものの4つに分けることが出来ます。

個人で行うことが出来る対処法は少なく、また必ずしも効果があるとは限りませんので、早めに専門の病院を受診し、適切な治療を受ける必要があります。
治療方法は症状によって異なりますが、心身の両面からアプローチする方法、生活環境を整える方法などがあります。

また、病院によっては自律神経失調製剤や精神安定剤、ホルモン剤、漢方薬などの治療薬が用いられる場合もあります。
ただし、治療薬を使用して行うことが出来るのはあくまでも対処療法です。
自律神経が乱れを改善するためには、ライフスタイルの改善や食生活の改善などを行う必要も出てきます。

栄養バランスを考えた食事や規則正しいライフスタイルを身につけるということも意識する必要があるでしょう。
自律神経失調症は、男女ともに見られますが、女性の方が多い傾向にあります。
その理由としては、女性ホルモンや甲状腺ホルモンによる影響、気分障害や不安障害の影響などが挙げられます。

病気になるかどうかは誰にも分かりませんし、病気になったことは悪いことではありません。
病気を克服するためには、自分自身に目を向けるということが重要になります。

人気記事一覧
サイト内検索